美味酒録 (ラム酒メインに、あれこれ。)

熟成アグリコール、カスク好きの偏りレビュー。ラムコンシェルジュ東京5期

1998 POLI Grappa Barrique 

ポーリ バリック 199855%イタリアヴェネト州のグラッパメーカーであるポーリから、リリースされている熟成グラッパのシングルヴィンテージ。オフィシャル情報によると、ヴェネトのキュヴェの赤葡萄の搾りカスより。昔ながらの銅製の大釜から成る蒸留器で非連続式蒸留。13年間トルコラートのオーク樽で熟成。焼きを入れた木樽やバニラ、カカオ、コーヒーを思わせるアロマ。力強い味わいは、ハーモニックで余韻が長い。チューリッ...
Read More

Clement Cuvee Sprciale X.O 

ラム クレマン キュベスペシャル XO44%マルティニークのクレマン。1952、1970、1976の各ビンテージが使われ、これに最低6年熟成のラムをセラーマスターが特別にブレンドして作られたものです。流通はまだ割とあるので、今のうちにのんでおくべきなのかも。グラスに注いだ瞬間は、洋梨やレモン、柑橘系の華やかな香り。そしてすぐに、桃、プラム、甘いタバコ、軽いオークへの奥ゆかしい印象へと変化します。口に含むと、バニリンな...
Read More

購入ラム、リピート編。 

J.M. 2000のビンテージ。探し回っていたところ、ネットで一本見つけまして、リピート購入。15年熟成の、これぞ、熟成アグリコール!って感じの、大好きな大好きなラムです。アグリコールからの流れで固めるのも、一杯目からでも◎な、秀逸な一本。テイスティングレポートはこちら。 → Rhum J.M millesime 2000『brut de fut』『Cask strength』表記。加水なし樽出しで、41.9%という熟成進行。今回は、しばらく開けずにとっておいて...
Read More

Poli Grappa di Sassicaia 

ポリ グラッパ・ディ・サッシカイア 40%ワインの名門サッシカイアと、グラッパの名門ポリ(イタリア ヴェネト州)二大コラボレーションで生み出されたグラッパです。サッシカイアのワイナリーから蒸留所に運ばれたカベルネ・ソーヴィニヨンと少量のカベルネ・フランの滓を1898年の蒸留所設立時に造られた銅製の蒸留器の大釜(現在稼働しているものの中で最も古いタイプ)で、3時間かけて2回単式蒸留↓4年間フレンチオークで熟成↓...
Read More

Santiago de Cuba Extra Anejo 20 Years Old 

サンチャゴ・デ・クーバ エクストラ・アネホ 20年 40%キューバ産ラムの王道サンチャゴデクーバです。少なくとも20年間、オーク樽で熟成されています。黒糖とフルーティな部分と、お米のような円やかな香り。タフィー、バニラ、ダークチョコレートの細やかな味わい。サンチャゴデクーバらしい、豊かな黒糖の、丸められた持続的な甘やかな仕上げが楽しめます。印象的なのは、余韻に感じる、焙煎コーヒーのような香ばしさ。これは、1...
Read More