fc2ブログ

美味酒録

シングルモルトとラム酒を主に、一杯ごとに感謝しながら記事にします。最近は専ら古いピートの虜。こういうふうに、美味しく飲んだ人がいると言う記録。

favourite whisky / score 

以下に示すウイスキーの採点は極めて個人的なものです。同じウイスキーでもその時々によって魅力が薄れたり増えたりするものです。そのことを念頭に置きながら、私がこれまでに試したウイスキーの中から選んだ、最高のものに関するスコアリストをご覧ください。ボトルで向き合った、向き合っているものは太字で、BAR、持ち寄り会等イベント、ミニボトル、サンプルでの試飲を細字で示しています。リンクを貼ってある物は、記事の記...
Read More

Cadenhead Ord 1962 -1989 26yo for Mizuhashi 

ケイデンヘッド 水橋向けオード 1962 -1989 26年Oak Cask56.5%ケイデンヘッドがリリースを独占した1962ビンテージのオード。日本の酒屋 水橋 向けにリリースされた26年熟成です。水橋シリーズは、この他にもタムナブーリン(記事はこちら)、グレンカダム、アードベッグ、グレンダランがあると記憶しています。甘露梅から生プルーン、マスクメロン、赤いリンゴの果肉にフェンネルシード。豊かな果実にあふれています。蜜蝋、シ...
Read More

酒と食の 松本富山金沢 旅行記 

8/5~7 2泊3日。松本、富山、金沢を人と酒と食と。存分に楽しんで回ってきた旅行記を書いていきます。人生の楽しみは、ウイスキーだけではないですがウイスキーは人生を豊かに彩ってくれていることは確かで。それに伴って、大人になってからできた繋がりもまた大切な存在です。初日は松本のBarへ。(現在は訪問したことのある人の予約のみで営業。)MacPhail's single malt 1950GMリリースの恐らくマッカラン1950ビンテージ。38年...
Read More

Ardbeg 1976 -2002 25yo OB Sherry Butt #2395 for Japan 

アードベッグ OB 1976 -2002 25年 日本向けシェリーバット #239554.5%アードベッグの76ビンテージオフィシャル。樽番号239~代で、連番でリリースがあります。Cask No.2395は、以前記事にした隣樽2394よりも2年熟成の長いもので、2002年にアウトターン468本でリリースされました。輸入元野澤組、販売元国分株式会社の日本向けのカスクです。重厚感があり、かつ柔らかな質感の濃い甘みであろうと思わせる香りにまず驚かされました...
Read More

【月次報告】2022.07 

2022.077月に新たに学びを得たお酒は以上です。初めてのBarを訪問したり、新しい視点の持ち寄り会に参加したり、Barの周年があったり。そしてそこでは、博識ある方々とカウンターでお会いして、味わい方を見てたりとかお話を聞きながら新たな勉強になりました。あらゆる人のあらゆる意見をインプットしてお酒との向き合い方を考えさせられた月でもありました。先月はボウモアとラフロイグに心動かされ、今月はといえば、アードベ...
Read More